【エロ体験談】彼女+後輩の彼女で3Pした話

どうも!夜のアルピニストです!

前回の結果的に後輩の彼女を寝取った話の続きです。
まゆちゃんとりんちゃんの3Pを載せて欲しいとのリクエストがありましたので書いてみます!

前回の記事はこちらから↓

【NTR】後輩の長身Cカップ彼女を寝取った話
後輩には彼女の名前はりんがいた。仲が良くみんなでよく遊んでいた。でもある日後輩が浮気をしてしまう。かわいそうなりんを私は慰めて、一緒にディナーに行くことに。その後は、流れでホテルへ行き、キスをしてから…。後輩の彼女を寝取ってしまったという背徳感で興奮します。続きはこちらから。

彼女と後輩の彼女の3人でカラオケへ…

当時付き合っていた上原多〇子似のEカップまゆには内緒で、後輩の彼女りんと一線を越えてしまった私は、何気ない顔をして3人でご飯やカラオケに行っていました。

ある日、カラオケで歌っているとりんが「電話してくる〜」と部屋を出ていきました。

私は「まゆ〜」とまゆにキスをし、まゆのシャツのボタンを2つ外し、手を中に入れ、まゆのEカップを堪能していました。

「ダメだよ〜りんが帰ってくるじゃん」って言う口をキスで塞ぎ、乳首をコリコリするとはぁはぁと感じ始めてました。

スカートの横からパンツの中に手を入れて中指で割れ目をツーっと触るともうトロットロでした。

「クリが固くなってるよ?」

「ダメ、あっあぁ、声が出ちゃう」

「外に聞こえるかもよw」

両手で口を抑えるまゆが可愛いくて

「まゆ、先に舐めて」

「ここで?りんが帰ってくるよ?」

「大丈夫やって」

私は壁に立ち、アレを出すと恐る恐るまゆは舐め始めました。

「まゆ、裏筋も舐めて」

「うん」

丁寧に舐めてる時にりんが帰って来ました。

彼女にフェラしてもらっているところを、後輩の彼女に見られてしまい…

「まゆ〜なにしてんのw」

「りん!?、え、〇〇君が、、、」

「まゆ、続けて」

「でも、、」

「まゆっ、お願い」

りんが見てる前で恥ずかしそうに私のアレを舐めていました。

「人がしてるの始めて見た、なんかやらしっ」

「りん、やめてよ、恥ずかしい」

「りんちゃん、まゆの舐め方と自分の舐め方違う?」

「違う違う」

と舐めてるまゆの横に座りジロジロ見ながらいいました。

「りんはどうやって舐めるの?」

まゆが不思議そうに質問すると

舐めてみていい?」

とりんがまゆに聞きました。

ここぞとばかりに

「まゆも人が舐めてるのみたいよな?」

と尋ねると

「みたいかも」

と答えました。

これはもらったと思い

「りんちゃん、舐めてみてよ?」

「うん♡」

と音を立てて舐め始めました。

まゆは凄いものを見てる顔で釘付けになっていました。

「やっぱり人それぞれ違うんやな〜」

とシラをきりながら

「まゆ、おいで」

と頭をポンポンとすると我に返り、立ち上がり舌を絡めて来ました。

「せっかくやし、ちょっと2人で舐めてみてよ

と私が言うと2人は私の前で座り出しました。

「ここじゃないとこでちゃんとね。」

とカラオケからホテルに移動しました。

彼女と後輩の彼女とホテルへ…

せっかくなので露天風呂付きのホテルに行き、両手に花状態でジャグジーに入っていました。

すぐにまゆと舌を絡めていましたが、りんは泡の中でアレをシゴいてくれていました。

まゆの大事な部分に指を入れると

「はぁはぁ、ダメだよ、りんいるじゃん」

と息を荒くして今にもイきそうでした。

りんは私に舌を絡ませながら胸を舐めて欲しそうにくっついてきました。

「まゆ、気持ちいいの?」

りんが聞くと

「あっ、ダメいく、見ないで」

とガクガク足を震わせていました。

「〇〇君私もして欲しい」

とりんが立ち上がり足を広げて前に立ちました。

「まゆ、りんのここ舐めてあげて」

「え?」

とりんは驚き、まゆはりんの大事な部分をぺろぺろ舐めだしました。

「まゆ、どう?」

私が尋ねると

「なんかね、いっぱい出てきたよ?」

「まゆ、あかん、気持ちいい」

「まゆ、ほらここに指入れてみ」

とまゆの指をりんのトロットロの部分に誘導してあげ、私の指とまゆの指がりんの中に入り、動かすと

「あ、あかん、そこは」

私は指を抜き

「まゆ、いつもしてもらってるみたいに動かして」

「うん」

まゆが指を動かすと

「あかん、それ以上したらイクって」

と言うりんのクリを私が舐めると

「まゆ、止めて、いくいく」

「まゆ、そのままイクまで動かしてあげて」

「あ、あ、いく、、、あ」

ガクガク足を震わせているりんを見つめるまゆに

「まゆ、抜いていいよ」

とまゆと交代して

「じゃあ、お望み通りしてあげるね」

「え?いったってば、あ、あ、あかん、あかん、でちゃうでちゃう。」

「いっちゃえ、いっちゃえ」

「あ、あ、あ、で、ちゃ、う」

さっと指を抜くと放物線を描き潮を吹きました。

それを見たまゆは、

「わぁ、りん、なんか出たよ」

「恥ずかしい、見んといて」

といいながら潮が止まりませんでした。

最高の3Pを堪能♪

お風呂のヘリに座り

「2人で舐めてみて、まゆ、りん」

「うん」

と2人で仲良く舐めてくれました。

本当に気持ちいい体感でした。

バスローブを2人に着せてベットに連れていき真ん中に私は寝て、交互に舌を絡め

「まゆ、先いれたろ?おいで」

と騎乗位の態勢で膝を立ててまゆが動くと

「凄いっヤラし、まゆ」

とブルンブルンと揺れるEカップを見てりんが言いました。

「りん、おいで」

とりんを私の顔の上で座らせ大事な部分を舐めると2人の喘ぎ声が部屋を響かせました。

交代し、りんを下から突き上げると

「〇〇君の奥まで届く♡」

と喘ぎ出しました。

「まゆ、おいで」

とまゆと舌を絡め、乳首を舐めてあげました。

2人を四つん這いにし、順番にまゆ、りんとバックでパンパン激しめにつき、上体を起こし下から突き上げました。

「あ、あ、これヤバい」

「あかん、あかん、いく」

と交互に2人をイかせながら可愛いお尻をパンパン叩いてあげました。

2人を抱き合わせ、まゆは正常位、りんはバックの態勢にすると2人の胸が押しつぶされかなり、エロい気持ちになりました。

交互に抜き差しすると

「なんか、凄い、わあっ気持ちいぃ」

「〇〇君バック気持ちいい」

「あっ、イきそう、いくよ?」

とりんのおしりに発射しました。

まゆが

「〇〇君♡」

と手招きするので近づくと綺麗舐めてくれました。

それを見たりんが

「私も綺麗にする〜」

と2人で仲良く舐めてくれました。

その後も3人の関係は続きました。

これもめちゃくちゃエロい体験でよく覚えています。
非日常を体験することってなかなかないと思いますが、3Pってのは非日常ですよね。

女の子からしてもあまり体験したことのないことなんでいつもより興奮して感じまくっちゃう子が多いです。

3Pを経験しないまま人生を終えるなんて損ですよ?

出会いがない人はこちらから↓

人妻のセフレを作る方法はこちら↓

出会い系サイトで人妻セフレを作る方法【ハッピーメール完全攻略】
素敵な人妻のセフレが欲しくありませんか?当記事では、出会い系サイトで人妻のセフレを作る方法を詳しく紹介します。人妻のセフレを作るために出会い系サイト「ハッピーメール」を使います。ハピメの使い方完全攻略ガイドとしてわかりやすくまとめているのでぜひご覧ください。
私が現在利用させてもらっているハッピーメール
ハッピーメール使ったことない人はぜひ知ってもらいたいんですが出会い系ランキングでも上位の優良サイトです!
15年以上運営されている老舗サイトです。
使い方としては女性からのアクションに関しては業者である可能性が高いので基本的には無視します。男性から女性を検索してメールなどでアプローチします。そこだけ気をつけて使えば出会える女性は沢山いますし、なによりプロフィールが無料で閲覧できるので使いやすいサイトであることは間違いないでしょう!
初回登録時に無料ポイントが120pもらえるのもナイスです!!
もちろん登録後合わないと感じれば退会はいつでも可能。まずはハッピーメールに無料登録して女の子を見てみませんか?
エロ体験はTwitterでよく発信してるので是非フォローしてください!!
エロ体験を動画に収めたものはファンクラブにて公開しているのでこちらも是非支援してください!
https://candfans.jp/superodenden327

動画内容も褒めていただいてます!
フォロワー様の感想です。

お試しプランなら500で短めの動画を見てもらえます!
本プランは最長で25ほどの動画があったり全て見て頂けるので興味ある方は是非よろしくお願いします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました